July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さっぽろのみなさ〜ん(・o・)

秋元、本間氏の対決に 札幌市長選 上田氏が不出馬

(08/28 09:05)

 


札幌市の上田文雄市長(66)が27日、来年春の次期市長選に出馬しない方針を固め、選挙戦の構図が鮮明になった。上田市長を支えてきた秋元克広副市長(58)が同日、出馬する意向を固めた一方、自民党はすでに元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏(45)の推薦を決めており、両氏が対決の中心になる見通し。経済界の一部には秋元氏を推す動きが表面化するなど、「道都決戦」に向けた駆け引きも熱を帯び始めている。

 上田市長は4選不出馬に加え、民主党北海道に擁立論がある道知事選への出馬も見送り、引退する意向。29日に後援会の幹部会合を開く予定で、27日の北海道新聞の取材に対し「まずは後援会と話をしたい」と述べた。

 民主党北海道は6月、4選に意欲を見せている高橋はるみ知事(60)の対抗馬として、上田市長を軸として選考を進める方針を決めているが、引退の意向を受けて戦略の見直しを迫られることになる。

 上田市長は後継指名はしない考えだが、秋元氏は上田市政を中枢で支えており、上田市政からの大幅な転換を掲げることはないとみられる。秋元氏に対しては経済人有志が9月1日に出馬を要請する方向で、秋元氏は同月上旬に副市長を辞任し同月中にも正式に出馬を表明する方針。上田市長を支えてきた民主党も、実質的な後継候補として秋元氏の擁立を探っている。<どうしん電子版に全文掲載>

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/559396.html

スポンサーサイト

comments

   
pagetop